ゆう0908サマナーのサマナ記録

オンラインゲームRED STONEのサマナーの情報ブログです。

赤き空の日と,ダメル

今回は,「赤き空の日」と,ダメルの歴史を紹介します。
この記事は赤き空の日と,天使や悪魔の記事の続きです。
※ ネタバレを非常に多く含みます。

現在はブルン歴4925年
「赤き空の日」はブルン歴4423年6月。


赤き空の日】(簡略化してあります・一部加筆)
「およそ五百年余りの昔たるブルン暦4423年6月。俄かに空が黒く成りて3日間彼の状態が続け。続いて十日間明るくて赤き光空を被いし。彼の挙句、赤き光一つの点に成りて南の土地に落ちれり。」

ブルン暦4423年6月,ロシペルが,ゲールをそそのかし,レッドストーン強奪組織の首謀者に仕立て上げた。そして,赤き空の日の13日前に反乱を起こし,レッドストーンを盗んで逃走。ロシペルは反乱に加わった天使として反逆罪で処刑されるが,自らの肉体を捨てて魂だけを赤い悪魔の体の中に移し,脱出した。

赤い悪魔たちはレッドストーンを持って,地上界に隠れる。ゲールたちはレッドストーンを守りきれなかった責任を負い,天使としての力をある程度残したまま,追放天使として地上界でレッドストーン探索の任務を与えられる。

ロシペルは地下界に潜伏しようとする過程で,小さな悪魔たちに襲撃され,両手に6つのレッドストーンを持ちながら棒立ちのまま殴られ,大部分の肉体に損傷を負う。


ダメルの歴史書から見る,ダメルの歴史
ダメルの歴史書が書かれた時から300年余り前,レッドストーンをを手に入れようとしていた追放天使たちは,悪魔たちの包囲網を破り,ダメルに集まった。しかし,悪魔たちの罠に落ち,ダメルは廃墟に変わり,地上に降りてきたほとんどの追放天使たちは能力と記憶を失った。
また,ブルン王国に匹敵する国力を持っていた大都市ダメルも,悪魔たちの策略のせいで廃墟に変わった。

悪魔たちは追放天使たちを排除するために,持っていたRED STONEの力を使ったため,一つが数十個の欠片に割れ,数百個の卵の大部分は小さな欠片となった。悪魔たちの間でも争いが起き,ただでさえ廃墟だったダメル周辺は焦土と化して砂漠に変わった。


赤き空の日と,ダメルの歴史の考察
「赤き空の日」以前には,地上界にレッドストーンはないため,『ダメルの歴史書』の記述は「赤き空の日」以後のもの。そのため,書かれている「追放天使」はゲールほか,「レッドストーンを守りきれず,ある程度は天使としての力を残し,地上界でレッドストーン探索の任務を与えられた追放天使」になります。

それを踏まえ,「赤き空の日」の出来事とダメルの歴史を推測すると,


◆ブルン歴4423年6月 ロシペルがゲールをそそのかし,レッドストーン強奪の反乱を起こす。
(赤き空の日の13日前)

◆反乱天使と守護天使たちの激しく戦う。戦いの中で,反乱天使が処刑され,ロシペルたちは赤い悪魔に魂を移す。
守護天使たちはロシペル率いる反乱天使を処刑したが,守護天使側の被害も大きく,レッドストーンを持ち去ったのは最終的に赤い悪魔だったため,天上界では「赤い悪魔によるレッドストーン強奪」と誤認しているのではないか?

(ここから推測)
◆赤い悪魔ロシペルたちはレッドストーンを持って地上界に隠れたが,追放天使たちが追ってきたため攻撃・包囲した。追放天使たちは包囲を破り,立て直しのためにダメルに集まった。しかし,ロシペルたちがレッドストーンの力を使い,追放天使たちを排除・無力化した。結果,大半のレッドストーンは欠片に割れて小さな悪魔たちの紛争により持ち去られた。同時に,レッドストーンの力により,大都市ダメルも廃墟になり,小さな悪魔たちの紛争で砂漠化した。

◆赤い悪魔ロシペルたちは完全体のまま残ったレッドストーン(6個以上)を持ち,地下界に潜伏しようとした。しかし,小さな悪魔たちに襲撃され,大部分の肉体に損傷を負う。その後,ブラックファイヤーダンジョン最奥に潜伏。地下界の悪魔から攻撃されることがある。

◆旧レッドアイ崩壊後,ビショップとして活動していたゲールは,カルスたちとレッドストーンを見つけるが,ロシペルにゲールの肉体を取られ,子供の肉体に移される。
(推測ここまで)

※ダメル廃墟化は地下界の悪魔の可能性もあります。また,ダメル廃墟化の時からロシペルがゲールを操るようになった可能性もあります。

テーマ:RED STONE - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad