ゆう0908サマナーのサマナ記録

オンラインゲームRED STONEのサマナーの情報ブログです。

赤き空の日と,天使や悪魔

今回は,「赤き空の日」や天使・悪魔を紹介します。
※ ネタバレを非常に多く含みます。

膨大なゲーム内の会話やアイテム説明からのまとめなので,調べきれていないものもあるかもしれません。何かあれば,ご指摘お願いします。また,天上界の都合,人間の都合などで矛盾する記述が出てくるため,そうしたことも考慮してまとめています。


現在はブルン歴4925年。(「ビガプールの歴史」クエより)

※ラピ・ド・セイジの話では,レッドアイ崩壊・旧レッドアイ会長(老人)の失踪が約20年前となりますが,その場合,公式サイトの「冒険の背景」の記述「およそ五百年余りの昔たるブルン暦4423年6月」や「それ(ブルン暦4807年のシュトラディヴァディ家の反乱)から120年余りが経った」と合わなくなります。よって,ラピ・ド・セイジは100年勘違いしていると思われます。


赤き空の日】(参考:公式サイト 冒険の背景1,メインクエスト)
「およそ五百年余りの昔たるブルン暦4423年6月。俄かに空が黒く成りて3日間彼の状態が続け。続いて十日間明るくて赤き光空を被いし。彼の挙句、赤き光一つの点に成りて南の土地に落ちれり。」

ロシペルが,火の鳥の卵を守護する善良な天使ゲールを,「他の守護天使たちが反乱を企てている」とそそのかし,3000以上の天使からなる組織の首謀者に仕立て上げた。そして,赤き空の日の13日前にロシペルを中心とした反乱により,火の神獣フェニックスと守護天使多数を殺害し,レッドストーンを盗んだ。
中心的な反逆天使としてゼリオ,サミオ,ゲリオ,タムイ,パチラギ,リムディ,ザイル,ペイル,バイルなどが挙げられているが,実際にはロシペル,アズラエル,ダマテル,バイル,ゲリオが主犯。また,悪魔たちも計画に加担していた。

ゲールは多くの天使が無残に処刑されていくのを見ると,自分で羽をむしり取り,気を失った。ゲールは,天上界の最高神に信頼されていたこともあり,反乱の首謀者とは思われずレッドストーンを護りきれなかった守護天使として,地上界でのレッドストーン探索の任務を与えられる。
ロシペルは,反乱に加わった天使として反逆罪で処刑されるが,自らの肉体を捨てて魂だけを赤い悪魔の体の中に移し,脱出した。アズラエル,ダマテル,バイル,ゲリオも同様。


その後の歴史】(参考:公式サイト 冒険の背景1~4,メインクエスト)
 ブルン暦4423年6月の「赤き空の日」から,約100年後(ブルン歴4500年代),レッドストーンの噂が出始め,傭兵集団(魔法騎士エリプシャンか?)を中心に探索が活発になった。しかし,地下に潜んでいた悪魔を起こしてしまい,巨大帝国エリプトは滅ぼされた。小さな部族単位では生き残った。(ランサーか?なお,生き残った部族の一つのエリアンの村は,赤い角の悪魔に侵略された)

その後,ブルンネンシュティグ王家直属の探索研究機関「レッドアイ」が創立される。レッドアイはレッドストーンの存在を確認し,その証として,ブルン歴4805年12月8日,当時の会長アイノ・ガスピルが大勢で地上に降りてきた天上界の天使達に関しての報告書(アイノの報告書)を発表した。

ブルン暦4807年に「シュトラディヴァディ家の反乱」が起き,ブルンネンシュティグ王国が崩壊。王室直轄機関であったレッドアイも爆発と大火事で史料とともに吹き飛ばされる。

現在はそれから120年余りたっているため,ブルン歴4900年代(正確にはブルン歴4925年)


天上界の天使
重い罪を犯すと,追放天使として両翼が折られるか,片翼が完全に消され,天使としての機能をはく奪される。赤き空の日の件の追放天使は右翼だけが破れただけで,天使としての力もある程度は使えた。

門衛長ハルダエル:メインクエ1-7-2で天使の涙をくれる天使。

ハイムダル:人間の女性セーラとの恋に落ちて,ビフレスト(揺れる天の道)橋の見張り番にさせられる。セーラは懺悔の部屋に幽閉。もともとは上級の天使。天使と人間の女性の間には巨人が生まれるが,人間をいじめる悪党になった。

オニトルロ:フェニックスの卵を守護し,孵化を手伝う天使。主人公が火の鳥守護天使と名付けた。

テマヌエル:天上界のご褒美をくれる天使。オニトルロを様付けで呼ぶので,地位はオニトルロより下。

アノリス:天上界にレッドストーンを初めて持っていた時にお世話になる天使。受付・案内のような存在。

命の天使ゲール:レッドストーンの守護者だったが,ロシペルにそそのかされ,赤き空の日の件に加わる。結果,追放天使としてレッドストーンの探索の任務を与えられる。旧レッドアイ会長アイノ・ガスピル(老人),ビショップのゲールとして活動する。その後,カルス達とレッドストーンを見つけるが,ロシペルに操られる。そして,レッドアイ会長(少年)として,ロシペルを命の恩人と思い込まされ,活動を再開する。
天使としての正式名は,ルインルス・ナルミナス・イエ・アリエンカム。ゲールは地上界名。(アイノの報告書より)


赤い悪魔になった天使】 獣人T「天使のプレゼント」に赤い悪魔になった天使の記述があります。
統率の天使ロシペル:赤い悪魔たちのリーダー。ロシペルの左手(鞭)がある。憂鬱な雰囲気が特徴的な天使だった。

戦さの天使アズラエル:「赤き空の日」にあちこちを飛び回っていた火の鳥に剣を振るい,足を傷つける。その時に落ちた火の鳥の爪をドラコリッチが持っている。(ドラコリッチは荒々しく獰猛な悪魔の一人)また,不滅の肉体をもつ天使。剛力無双の天使。殺害されたが,赤い悪魔の肉体に移り変わり,蘇った。
※ メインクエ・ドラコリッチ,アズラエルのフルアーマー,アズラエルの寝巻き(禁断の衣服T品),アズラエルの不滅鎧(天使のプレゼントT品)

知識の天使ダマテル:赤い悪魔たちの参謀として活躍。肋骨が悪魔の職鎧になる。足の爪は酸化(禁断の衣服T品)。

隠密の天使パイル:赤い悪魔になり,バイルと改名?鏡の魔法書をくれる人。レッドアイに,バトン頭領として潜入している。
メインクエ1-5-7の旧レッドアイ会長の補佐官スロムトグ バイルもバイルが潜入していた姿かもしれない。クリスティラの話から推測すると,会長がスロムトグバイルをバイルだと見抜き,レッドアイを没落を装った可能性がある。(当時,アイノ=ゲールはロシペルに操られておらず,この後,カルスたちとレッドストーンを見つけて操られるため,監視の意味でバイルが潜入していた可能性がある)

貪欲な天使ゲリオ:レッドストーンを奪取して地下界に逃げ込む時に牙(貪欲の砕牙)で邪魔なもの全てを食い尽くした。フィジカルペイン(鞭)を振り回し,敵の肉体の苦痛による邪念さえも奪い取り,鞭の中へ閉じ込めた。

→現在は,ロシペル,バイルしか登場していません。


その他の天上界を去った天使
追放天使キュルレン:キュルレンの翼=反逆の翼。

ジャ・シーン:一時期すごい天使だったが,慢心により堕落。一世代を恐怖に染めた悪魔へと変わり,勇者の手で退治される。


地下界の悪魔
魔王ゲナワム:昔から地下界を支配してきた魔王。天使や人間たちに封印され,ゲナワム拾七(剣士武器)に魔王の魂が移されている。

吸血悪魔フリック:フリックコート。

大悪魔サウリアン:死んだ後も屍が燃えていた。サウリアンの皮。

炎の女帝:フレイムエンプレス。アンジー?悪魔T「魔界の解放」「地下奥深くの炎」「地下界の女将軍」「地下界の節理」から,アンジーは地下界の女帝(女将軍)の一人なのかもしれません。


【その他】
黒魔術師が,赤い悪魔側か地下界側かは不明ですが,スキル説明から地下界側の可能性が高いです。炎の女帝と同列の地下界の女帝の一人か,それ以上の魔王に関係する人物の可能性があります。

テーマ:RED STONE - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad